同伴ではお店の中で営業をするわけではありませんので、ドレス姿で食事をするわけにはいきません。
同伴にはドレスで行かないのは基本中の基本。
同伴では同伴に相応しい服装があります。
その服装についてまとめていますので、是非参考にしてくださいね。

  同伴出勤時の服装でキャバ嬢の人柄が見える

キャバクラバイトでは派手なお化粧や華麗なドレスで顧客を魅了するキャバ嬢ですが、お店から一歩外に出ると「普通の女性」です。
同伴出勤ではキャバ嬢の一般常識や人柄がにじみ出るもの。
自分好みの奇抜な服装でやってくるキャバ嬢もいますし、色気を重視したミニスカート姿で現れるキャバ嬢もいます。

どのような服装であってもキャバ嬢が「これが最上」と思えるファッションを選ぶわけですから、どれが正解とは言えません。
ただ同伴の場合食事はつきものなので、お店に入れないような服装では都合が悪いですね。
どのようなお店に行くかをある程度頭に入れて、TPOに合わせた最適な服装を選ぶのがコツ
綺麗めな服装が無難です。

  敢えて清楚なファッションもOK

世の中の男性には、ナイトワークの女性を一般女性よりも軽くみたり「軽い女」と思い込んでいる傾向にあります。
そこで敢えて清楚な普通の女性を演出するような服装もおすすめ。
髪型も派手に決めるのではなく、ゆるくウエーブさせるくらいで地味めに。
化粧もナチュラルにしてみると、お店で見せる表情とのギャップに驚くかもしれません。

ナチュラルで清楚な雰囲気を演出してもマイナスにはなりませんので、お店で派手なドレスに身を包み、お化粧が濃い目のキャラクターで売っているキャバ嬢は同伴で清楚系女性に変身して良いギャップを演出してみるのも良しです。
女性らしさを感じさせる服装は男性ウケがかなり良いです。

  癒し系キャバ嬢は敢えてミニスカートで攻める

普段は癒し系キャバ嬢として優しい雰囲気で売っているのなら、同伴では原色のスーツやミニスカートなどで意表を突くのも有りです。
ドキッとするくらいセクシーな洋服で見つめられると、男性側からすれば胸がときめいてしてしまいますよね?

同伴出勤では清楚なワンピースでもスカート丈の短い洋服を選んだり、スーツもミニスカートの物を選んだりなど工夫すると色気が出てきます。
同伴する相手が「ゴージャスで見栄えのする女性が好み」だと分かっている場合、好みのタイプの女性を演じてあげるのもサービス精神の一環です。
良い意味でのギャップを狙ったり好みの女性になったりと、同伴では様々な冒険が出来ます。