キャバクラバイトとは言っても、派遣キャバ嬢ではなく特定のお店に在籍して営業活動を続けるキャバ嬢には「売上ノルマ」と呼ばれるハードルがやってきます。
このハードルを乗り越えるには、同伴出勤してくれる固定客の開拓が必要です。

同伴出勤してくれる顧客は信頼の厚いお客様なので、1度や2度の指名ではなかなか信頼関係を構築する事は出来ません。
けれどだからと言って、同伴での出勤が出来ないままでは営業成績を伸ばす事は不可能です。
ではどうすればいいのでしょうか?

このページではキャバ嬢が顧客に同伴出勤をお願いする時の上手な誘い方や気をつけたいことについてまとめています。

 「お食事に行きませんか?」が無難な誘い方

キャバ嬢が成績を上げるためには、どうしても顧客との同伴出勤が必要になります。
お店に出勤するまで顧客と食事や買い物などで一緒に時間を過ごし、時間が来たらキャバ嬢と顧客とが一緒にお店に出勤します。

この同伴での出勤を1度こなせば営業成績としてカウントされ、同伴バックと呼ばれる報奨金がお店から支払われます。

キャバ嬢が特定の顧客を営業努力で連れてきたわけですし、一緒にお店に入ればその後少なくともワンセットはお店で過ごしてくれるわけです。
何度も同伴出勤すればお店への貢献度はかなり高くなり、キャバ嬢の評価も高まりますね。
何度も同伴出勤をこなせば「デキルキャバ嬢」「人気キャバ嬢」への道が開けるわけです。

ではどうすれば同伴へ誘う事が出来るのでしょうか?
一番無難なのは「一緒にお食事に行きませんか?」と誘う事です。

「一緒にお食事」という言葉が出れば大抵の男性は「ああ、同伴の事だな」と気が付いてくれます。
この時失敗する可能性もあるので、ターゲットは一人に絞らずに何人かの顧客に声を掛けてみるのが基本です。

この時、あまり親しくない顧客にも声を掛けてみる事が重要。
同伴出勤する事で一気に距離が縮む事も十分あり得るからです。
「この人は声を掛けやすそう」と思う人だけではなく、あまり交流のない方にも声を掛けてみましょう。

   誘う時の注意点

食事に誘いOKが出たとしても「同伴は嫌だからね」と同伴を断わられるケースもあります。
こうなるとキャバ嬢としては営業成績にしっかり繋げられないのでガッカリですが、一緒に食事をするうちに気持ちが変わって同伴に応じてくれる事もあるので、まずはお食事から。

また人によっては「食事のみ誘われた」と勘違いし、その後同伴をお願いすると怒ってしまう方もいます。
この場合、怒って帰るようでは見込みはありませんので深追いは禁物。
もし食事の後に同伴OKなら脈ありです。

同伴出勤のための待ち合わせ場所や時間はどうする?

晴れて同伴OKが出た場合、待ち合わせの時間や待ち合わせ場所はどのように設定すればいいのでしょうか?
「一緒にお食事する」と言ってもあまりに長くお店に居座るわけにはいきません。
また待ち合わせの場所などもしっかり確認した方が良さそうです。

このページでは同伴出勤のための待ち合わせ時間や場所の決め方についてまとめています。
是非参考にしてくださいね。

   デートプランを作る気持ちでプランを練ってみる

同伴のための食事と言っても店外デートをする感覚です。
でもいきなり最初なら、楽しいデートプランを作る事は難しいもの。
とくにキャバクラバイトを始めたばかりの女の子にはハードルが高めですよね。

初めての同伴出勤なら、無難に食事 ⇒ お店に一緒に出勤の流れで良いです。
だんだん場数をこなしていき、相手を観察出来るようなら様々な変形アレンジに挑戦出来ますが、最初からそれは無理なのでスタンダードな方法から始めてみましょう。

お店への入店時間が20時であるとするなら、少なくともその1時間半~2時間前には待ち合わせしてお店に入っておきたいものです。
逆算すると夕方6時頃には合流しておく必要があるわけですね。
待ち合わせ時間はお店の入店時刻を基準にして考えましょう。

もちろんもっと長く一緒にいたいお客様であれば、もっと早い時刻に待ち合わせ時間を自分で指定するのも構いません。
キャバ嬢自ら指定すれば、お店への入店時間などを調整する事が出来ます。

最初のうちは食事をしてお店に…と言う流れが無難ですね。
ただ一緒に3時間も4時間も過ごすとキャバクラ店に行く前からお腹も心も満腹になってしまいます。
待ち合わせ時間の設定は慎重に行いましょう。

   お店は自分で指定するべし

同伴で利用するお店は出来るだけキャバ嬢自身で指定しましょう。
お客様の提案してくるお店には、キャバクラ店からかなり遠いレストランなどもあるからです。
キャバクラ店から遠いと同伴出勤しにくいデメリットもあるため、出来るだけキャバ嬢が待ち合わせのお店を指定しましょう。

「以前から気になっていたお店があって…」「友達から勧められたの」と理由を言っておけば大丈夫です。
この時、利用する店は出来るだけ高級店を避けてください。
お客様が奢ってくれる可能性が高くなりますが、必要以上の負担をお客様にお願いするようでは長続きしません。

同伴時に利用するお店があまりにも高額だとだんだん負担になり、お互いの心の距離が空いてしまう事になります。
高額な費用がかかるお店は出来るだけ避け、楽しく一緒に過ごせる空間・時間を大切にすると良いですよ。